fmcsadmin

CLIでClaris FileMaker Admin APIを操作 

fmcsadmin 1.3.0のダウンロード

Claris FileMaker Server 18以降で利用可能なClaris FileMaker Admin APIに対応しているfmcsadmin 1.3.0を配布しています。FileMaker Server 17以前ではご利用いただくことはできません。

fmcsadmin

リモート管理機能を備えたサーバー管理者向けコマンドラインツール

fmcsadminは、当初FileMaker Cloud for AWSでfmsadminコマンドを使用できない問題を解決するために開発された管理ツールです。バージョン18以降のClaris FileMaker Serverを管理することも可能で、標準のfmsadminコマンドにはない機能として、リモート管理機能も備えています(リモート管理機能を利用するにはサーバー側でSSLサーバー証明書が適切にインストールされている必要があります)。

バージョン1.3.0では、Appleシリコン搭載Mac、UbuntuおよびClaris FileMaker Server 19.3.2に対応し、データベースファイルを削除するREMOVEコマンドが新たに追加されました。また、Claris FileMaker Data APIでオブジェクトデータを要求する際に利用するストリーミングURLのセキュリティ設定を確認および変更できるようになっています。


オープンソースソフトウェア

fmcsadminは、オープンソースソフトウェアであり、無料でご利用いただくことが可能です。Go言語で記述されており、ライセンスはMITライセンスです。コマンドラインインターフェース(CLI)でClaris FileMaker Admin APIを操作し、Claris FileMaker Serverに付属するfmsadminコマンドと同様の使い勝手を実現します。


マルチプラットフォームに対応

マルチプラットフォームに対応しているfmcsadminは、LinuxだけでなくmacOSやWindowsでもご利用いただけます。Claris FileMaker Server for Linux上で利用できるLinux版を用意しているほか、macOSやWindows上でClaris FileMaker Server 19およびClaris FileMaker Server 18をネットワーク経由で管理することもできます。

ヘルプ

利用可能なコマンドおよびオプションの一覧とその使用方法について記載されたヘルプページを表示するには、コマンドラインインターフェースでhelpコマンドを使用します。コマンドラインインターフェースは、コマンドプロンプトやPowerShell (Windows) 、ターミナルアプリケーション (macOS) で使用できます。

fmcsadmin help

使用例

ホストしているファイルの一覧を表示する場合

fmcsadmin list files

リモートでデータベースファイルを開く場合

fmcsadmin --fqdn fms.example.jp open FMServer_Sample

コマンド一覧

コマンド名説明
certificateSSLサーバー証明書発行手続きに必要となるCSRファイルの作成、SSLサーバー証明書のインポートおよびSSLサーバー証明書の削除処理を実行する(Claris FileMaker Server 19.2.1以降)
closeデータベースファイルを閉じる
deleteスケジュールを削除する
disableスケジュールを無効にする
disconnectクライアントの接続を切る
enableスケジュールを有効にする
helpヘルプページを表示する
list接続クライアントやデータベースファイル、スケジュール、プラグインの一覧を表示する (プラグインの一覧表示にはClaris FileMaker Server 19.2.1以降が必要)
openデータベースファイルを開く
pause一時的にデータベースファイルへの接続を停止する
removeデータベースファイルを取り除く(Claris FileMaker Server 19.3.1以降)
resume一時停止していたデータベースファイルへの接続を再開する
runスケジュールを実行する
sendメッセージを送信する
status接続クライアントやデータベースファイルの状況を表示する
startデータベースサーバーを起動する(Claris FileMaker Server 18以降)
restartデータベースサーバーを再起動する(Claris FileMaker Server 18以降)
stopデータベースサーバーを停止する(Claris FileMaker Server 18以降)
getサーバーおよびカスタムWeb公開の設定を取得・表示する(Claris FileMaker Server 18以降)
setサーバーおよびカスタムWeb公開の設定を変更する(Claris FileMaker Server 18以降)

よくあるご質問

リモート管理機能利用時の通信は暗号化されますか?

fmcsadminは内部的にClaris FileMaker Admin APIを利用しており、リモートサーバーへのリクエストはClaris FileMaker Admin APIに準じてHTTPSで送信しています。fmcsadminのリモート管理機能は、利用するにあたってはサーバー側でSSLサーバー証明書が適切にインストールされている必要があり、証明書の検証を行った上でHTTPSにて接続するので、暗号化通信を利用する前提の設計となっております。

MacからLinuxサーバーをリモート管理する場合、どのバージョンのfmcsadminを使えば良いのでしょうか?

Linux上で動作しているFileMaker Serverに対してリモート管理機能を使用する場合には、macOS用のfmcsadminをインストールしてご使用ください。

fmcsadminをアンインストールする方法はありますか?

macOSではfmcsadminは/usr/local/bin/fmcsadminにインストールされます。アンインストール機能は用意されていないため、当該ファイルを手動で削除していただく必要があります。

FMプランのサーバーに対してfmcsadminを実行する場合、何か制限はありますか?

FMプランのサーバーに対してfmcsadminをご使用いただく場合、サーバーの設定変更や起動・停止処理、SSLサーバー証明書の設定・削除処理はサポート対象外となります。

fmcsadmin 1.3.0のダウンロード

Claris FileMaker Server 18以降で利用可能なClaris FileMaker Admin APIに対応しているfmcsadmin 1.3.0を配布しています。FileMaker Server 17以前ではご利用いただくことはできません。

fmcsadmin