Loading

FileMakerユーザーのための3つのサービス

FileMakerプラットフォームとこれからどのように付き合いますか?
別のプラットフォームに移行するためのサービスから、使い続けるための具体的なソリューションまで、
段階に応じたサービスで皆さまの個別ニーズにご対応いたします。
FileMakerプラットフォームから別のクラウドサービスに移行したいお客さまには、サイボウズのkintoneをお薦めしています。FileMaker製品について長い開発および運用実績がある当社に、スムーズな移行をお任せください。
FileMakerとWebのハイブリッド運用で、ソフトウェアのライセンス費用を最適化しましょう。世界標準のWordPressからFileMakerに接続し、CRUD(データの作成、表示、更新、削除)に対応した独自の技術をぜひご体験ください。
DBMS
サービス開始以来20年を超える実績で、数々のお客さまのFileMakerプラットフォーム活用を支援してまいりました、当社マネージドホスティングサービスがさらに進化しました。まずはサーバー運用から外注してみませんか。

WebでFileMaker製品の効率的な活用を進めよう

FileMaker Serverの運用を
外注することからはじめませんか

FileMaker活用を今日化させる第一歩は、サーバーの運用を外注し、ご担当者さまの責任リスクを低減させることです。実績ある当社にどうぞお任せください。

1998年よりFileMakerプラットフォームに特化したホスティングサービスを提供しています。サービスの基盤にUNIXおよびWeb標準技術を活用することでサービス品質と安定性の向上に努めています。
保守・管理サービス付きですので、面倒なサーバー設定やFileMaker Serverの更新作業は当社が行います。SSLサービスやVPN、FileMaker WebDirect、外部バックアップサービスなど、豊富な付属サービスも特長です。
フルアクセスが必要な管理者や開発スタッフと、単にデータを見るだけのスタッフ。全員が同じ費用がかかるのはおかしいと思いませんか?
世界最大のWeb基盤「WordPress」を利用し、WebブラウザーをクライアントにしてFileMakerを活用します。この開発手法でライセンス費用を最適化できます。

FileMaker側はお客さまが、FileMakerとの接続とWebアプリ部分は当社が。明確な開発の線引によって、開発コストの最適化を実現。

サイボウズが開発・販売するkintoneは、Webデータベースを基盤にしたクラウドサービスです。ワークフローやコミュニケーションに強い反面、現時点ではFileMakerプラットフォームほどの柔軟性はありません。
データを共有する際にコストを重視する場合には、FileMaker Proからkintoneへ移行するという手があります。複雑に作り込まれている機能が必要なければ、kintoneでの情報共有が効果的です。