Loading

付属サービス

FMプランでは豊富な付属サービスおよびオプションサービス(一部有料)をご利用いただくことができます。

付属サービス

セキュリティ

SSL

SSL暗号化通信

SSL暗号化通信を利用したセキュアな通信を標準でご利用いただけます。FileMakerネットワーク共有だけでなくWebサイトもSSLに対応可能。無料のサーバー証明書「Let’s Encrypt」も使用でき、証明書の自動更新機能にも独自に対応しています(オプション、一部有料)。

VPN

リモートアクセスVPN

リモートアクセスVPNサービスをご利用いただくと、iPhoneおよびiPadで使えるFileMaker Goを使用して、外出先からより安全にサーバー上のデータベースに接続できます(オプション)。FMプラン18WやFMプラン18W+であれば、VPNの同時接続上限数が30に拡張されます。

DBのバックアップ

FileMaker Serverのスケジュール機能を利用してバックアップされたデータベースファイルを、 SFTPもしくはFTPSクライアントを使用して取得していただくことができます※1。Admin Consoleを使用して、バックアップスケジュールの設定を調整することも可能です。

外部バックアップ

外部バックアップ

FileMaker Serverのスケジュール機能によるバックアップに加えて、天災や災害などの不測の事態に備えて、1日1回データベースを外部施設のサーバーにバックアップします(オプション)。

会員制ページ作成機能

Basic認証設定機能

IDとパスワードを知っている人だけが閲覧できるWebページを作成できます。なお、ディレクトリごとの制限となり、特定ファイルへの設定はできません※2

Webサイト

FMPress Publisher

弊社が独自に開発したFileMakerデータベースからWebアプリを生成・運用できるサービスです(有料オプション)※3。FileMaker Server 接続ライセンスを必要としません。

CWP

カスタムWeb公開

FileMaker API for PHPやFX.php、INTER-Mediator等を使用して、FileMakerデータベースと連動したWebアプリケーションの構築および運用が可能です※4。新世代のFileMaker Data APIにも対応しています。

FileMaker WebDirect

FileMaker WebDirectに標準で対応しています。WebDirectはプログラミング不要のWebテクノロジーであり、Webブラウザーからデータベースを直接利用できます(オプション)。

ドメインサービス

ドメインサービス

独自ドメイン名を用いてサーバーを運用できます(有料オプション)。複数のドメイン名を使用した運用も可能(オプション)。弊社が管理しているdbsv.jpドメインのサブドメインも利用できます。

カスタムエラーページ

カスタムエラーページ

ウェブサイトを訪問する方が、誤ったURLを指定した場合に表示されるエラーページを、独自のデザインのものに変更することができます。サイトマップや主要ページへのリンクを表示することで、適切な誘導が可能になります。

CGI/SSI

CGI/SSI

Perlを使用した、お客様オリジナルのCGIスクリプトを設置していただくことができます※5。また、SSIもご利用いただけます※6

管理・運用

Admin Console

Admin Console

FileMaker Serverの標準管理ツールであるAdmin Consoleを利用することで、サーバーの稼動状況をリアルタイムに把握できます※7。データベースの開閉やライセンス証明書のインポート作業もこの管理ツールを使って行います。

稼動状況の確認

稼動状況の確認

稼働状況をグラフィカルに表示するモニタリングツールである「MRTG」によって、サーバーマシンの稼働状況(データ送受信量、メモリー使用量、CPU負荷、ディスク使用量)をご確認いただけます※8

アクセス解析

アクセス解析

アクセスログ解析ツール「Analog」によるログ解析機能をご利用いただけます。解析は24時間毎に更新されるレポートが1カ月単位でまとめられ、Webブラウザー上でご覧いただけます※9

サーバー

DBMS

MySQL

FMプランのサーバーでは、無料で簡単にWebサイトやブログを作成できるWordPress(ワードプレス)を動作させることが可能です。サーバーでWordPressを利用できるようにMySQLのインストール作業を行います(オプション)。

ファイル共有

ファイルサーバー

公開ファイルは、暗号化通信が可能であるSFTPもしくはFTPSにてデータをアップロード可能です。公開を目的としない非公開のサーバーエリアも提供いたしますので、バックアップやファイル転送などの用途にご利用いただけます※10

  1. バックアップは動作中のデータベースサーバーと同一ディスク内に保存されており、毎日実行されるバックアップについては毎日午前0時(FMプラン16以前では毎日午前3時)にバックアップが実行され、7日分保管されるように標準で設定されています
  2. 本機能はFileMakerデータベースと連動して動作するものではありません
  3. FMプラン18WおよびFMプラン18W+は現在のところFMPress Publisherには非対応です
  4. FMプラン18、FMプラン18WおよびFMプラン18W+で利用できるPHPのバージョンは7.3です。なお、弊社のホスティングサービスは、管理サービスを含む「マネージド専用サーバー」となっております。そのため、PHPのご利用にあたって、セキュリティに問題がある、負荷が非常に高い、などの理由で、サーバーの正常な運用が妨げられると判断される際には、該当するPHPスクリプトのご利用を停止させていただく場合があります
  5. Perlのディレクトリパスは「/usr/bin/perl」です。あらかじめ用意されている「cgi-bin」フォルダ内にあり、かつファイル拡張子が「.cgi」であるCGIスクリプトのみ実行できます。なお、FMプラン18WとFMプラン18W+ではCGIには非対応です
  6. #execコマンド、およびCGIスクリプトの#includeコマンドに関してのみ、ご利用を制限しています。なお、FMプラン18WとFMプラン18W+ではSSIには非対応です
  7. FileMaker Server Admin Consoleによるサーバーのリモート設定において、一部変更ができない設定項目があります
  8. FMプラン18WおよびFMプラン18W+ではMRTGには非対応ですが、FileMaker Server Admin Consoleでサーバーの稼働状況をご確認いただけます
  9. 最新2年分のレポートが保存されます。Analogの集計項目の内容は次の通りです。日別レポート(日別のアクセス数)、時間別集計(時間帯ごとのアクセス数)、ドメインレポート(国別のアクセス数)、組織別レポート(ドメイン別のアクセス数)、リンク元URLレポート(訪問前に見ていたサイト)、ブラウザレポート/概要(ユーザーの使用しているブラウザの種類)、OSレポート(ユーザーの使用しているOSの種類)、ディレクトリレポート(ディレクトリ別のアクセス数)、リクエストレポート(HTML ページごとのアクセス数)。なお、生のログファイルも最新2年分が圧縮保存されますので、ご自分でログの内容を確認することも可能です。
  10. FMプラン18ではSFTPアカウント、FMプラン18WおよびFMプラン18W+ではFTPSアカウントが提供されます。提供されるアカウントは1つのみです