Loading

Publisher

FileMakerデータベースからプログラムなしでカスタムWebアプリを自動生成する独自のサービス

Publisher

Publisherとは

FMPress Publisherは、エミックが提供する専用サーバーサービス「FMプラン」でご利用いただける、FileMakerデータベースからWebアプリを生成・運用できるオプションサービスです。FMプラン18のホスティングサービス契約者であれば、FMプランのサーバー上で月額4,980円(税別)でFMPress Publisherをご利用いただけます。 FMPress Publisherで自動生成したWebアプリをライブデモサイトからお試しください。スマートフォンやタブレットからもご覧になれます。

Publisherの特長

様々なデバイスに対応

生成したWebアプリはWebブラウザーで動作するため様々なデバイスに対応します。

WindowsやMacのデスクトップから社内でデータを管理しつつ、iOSおよびAndroidを搭載したタブレットやスマートフォンを使用して社外からデータベースを参照・編集できるWebシステムを構築でき、FileMaker Proデータベースをさまざまな環境でより幅広く活用できます。

接続ライセンス不要

CWP

生成したWebアプリは、FileMaker ServerのカスタムWeb公開機能を使用して動作するため、FileMaker WebDirectのようなFileMaker Serverの接続ライセンス(ユーザライセンスおよび同時接続ライセンス)は必要ありません。

また、認証不要のWebサイトも作成できるため、FileMakerデータベースと連動した公開Webサイトを運用する用途にも適しています。

カスタマイズ可能

Webテクノロジー

生成したWebアプリは静的なファイルで構成されています。HTML5、CSS3、JavaScriptといった一般的なWeb標準技術を利用したカスタマイズが可能です。

なお、弊社ではPublisherで生成したWebアプリに標準機能では実装できない機能を追加実装するカスタム開発サービス(有償)を承っております。

Publisherの仕組み

FileMaker Pro Advancedにはデータベースデザインレポート(DDR)という機能があります。この機能はデータベースのスキーマをドキュメント化し、XML(またはHTML)ファイルとして出力するものです。 Publisherは、この出力されたXMLファイルからテーブル構造、レイアウト構造、値一覧、スクリプト、アカウント情報を解析し、FileMaker Proのレイアウトを再現するためのHTMLファイルとCSSファイル、FileMaker Proのような操作を実現するためのJavaScriptプログラム、Publisherが内部的に利用しているWebアプリケーションフレームワーク「INTER-Mediator」を動作させるためのPHPファイル(設定ファイル)を生成し、お客様のサーバー上に展開します。 お客様は、DDRファイルとデータベースをアップロードすることによりWebアプリをご利用いただけます。

ご注意ください

Publisherで生成されたWebアプリにはFileMaker Proの機能のうち利用できないものがあるため、既に稼働中のFileMakerソリューションを変換されることはお勧めいたしません。専用のデータベースを新たに作成されることをお勧めいたします。 利用できない機能については、「WebDirectとPublisherの比較」ページの「FMPress Publisher バージョン4の制限事項」や「FMPress Publisher バージョン4でサポートされていない機能」をご確認ください。