ESS(MySQL)

ESS(MySQL)

FileMaker製品が備える基幹系データベース接続機能の活用

ESS(External SQL Source)

FileMakerはデータベースをさまざまな方法で共有・公開することができますが、場合によってはWebサイトのさらなる高速化が求められる場合もあります。使いやすいFileMakerのインターフェースはそのまま利用しつつ、MySQLの高速性を兼ね備えたハイブリッドシステムにすることで、FileMakerデータベースと連動したWebアプリケーションの高速化に関する悩みや問題を解決できます。

FMPressでは、オプションにて、FileMakerの外部SQLデータソース(ESS:External SQL Source)への双方向ライブ接続機能に対応しています。この機能を活用することで、MySQLの高速性や信頼性をベースに、FileMakerでニーズや変化に迅速に対応できる柔軟なシステムを効率よく開発・運用することも可能です。

FileMaker ServerとMySQLを組み合わせた運用環境

MySQLのインストール作業は弊社にて行い、ODBCドライバの設定もサーバー側で行います。

SQLデータソース(MySQL)へのアクセスはFileMaker Serverを通じて行われるので、FileMaker Goを含む各クライアントでODBCドライバの設定を行う必要はありません。一度ODBCドライバをサーバー上で設定すれば、すべてのユーザーがSQLデータソースへの接続を共有できるようになります。

  • ESSサービスは、FMPressでご利用いただいているサーバーにMySQLをインストールする前提のサービスとなります。外部のMySQLサーバーへの接続が必要な場合は、個別に接続の可否を確認させていただき、個別のお見積とさせていただきます。