外部バックアップ

外部バックアップ

データベースの外部バックアップ

FileMaker Serverのスケジュール機能を利用してバックアップされたデータベースファイルを、暗号化通信が可能であるSFTPクライアントを使用して取得していただくことができます。

上記のバックアップは動作中のデータベースサーバーと同一ディスク内に保存されており、毎日実行されるバックアップについては毎日午前3時にバックアップが実行され、7日分保管されるように標準で設定されています。

上記のバックアップ以外に、天災や災害などの不測の事態に備えて、1日1回データベースを外部施設のサーバーにバックアップする、外部バックアップサービスをご用意しています。

外部バックアップサービスは初期状態では無効になっていますので、ご利用を希望される場合にはお申し付けください。

  • データベースに蓄積されたデータにつきましては、定期的にお客様がご自身でお手元にコピーすることをお薦めいたします。
  • 外部バックアップサービスでバックアップされるファイルはFileMakerデータベースファイルに限ります(オブジェクトフィールドのデータの外部保存を利用している場合は、オブジェクトフィールドのデータも外部バックアップの対象となります)。その他のファイルは外部バックアップの対象外です。