Java 8 Update 131とAdmin Consoleの互換性に関するご案内

弊社のサービスではWebサーバーソフトウェアを独自に構築・設定を行っており、これまでJava 8 Update 71以降をご利用いただいている場合でもFileMaker Server Admin Consoleに接続できるように対処していました。

しかしながら、今月公開されたJava 8 Update 131以降を適用した環境では、安全上の理由からFileMaker Server 10および11のAdmin Consoleを起動できないように制限されるようになりました。

FileMaker Server 12以前のAdmin Consoleは最新版のJavaに対応しておらず、Javaを最新版に更新していない場合には安全上の問題が存在することが知られています。古いバージョンのJavaには脆弱性が含まれていることから、弊社としてはFMPress11以前のプランではAdmin Consoleのご利用を推奨いたしません。

FileMaker Server Admin Consoleの代わりに、弊社が提供している独自ツールであるFileMaker Serverモニターをご利用いただくか、もしくは管理用端末にJavaをインストールする必要のないFMPress15へのアップグレードを是非ご検討くださいますようお願いいたします。

(参考)