FileMakerのクロスサイトスクリプティング脆弱性とホスティングサービスにおける対策について

FileMakerのクロスサイトスクリプティング脆弱性とホスティングサービスにおける対策に関するご案内を掲載しました。2007年11月21日に公表されたFileMaker製品のクロスサイトスクリプティング(XSS)脆弱性は株式会社エミックによって発見されたものであり、弊社のホスティングサービス(対象プラン:プラン7およびプラン8)では、弊社で独自の対策を行ってソフトウェアの脆弱性を回避しているため、本脆弱性による情報漏洩等の危険はありません。(2007年11月22日)