アプリケーションパッケージ関連事業

アプリケーションパッケージ関連事業

1998年

子会社のアリーナプロジェクト社(2002年に業務終了)より、ARENA Internet Mailerをシェアウェアとして発売

1998年10月のバージョン1.0発売以降、爆発的なヒットを記録。バージョン1.5、1.6のリリースを経て、2000年にはいち早くMac OS Xへの対応を表明

2001年 Mac OS Xに対応したバージョン2.0をリリース後、アクト・ツー社をディストリビューターとしてバージョン2.1をパッケージ化。2002年に販売を終了

1996年

松下電器産業と共同で「見えるラジオブラウザー」を発売

同社の受信機に、同社OEMの専用ケーブルとソフトウェアをパッケージ。インターネット以前にデジタル情報を無料で入手できるのは画期的だった

1995年

FAXAIDのシステムを「InfoFAX」としてパッケージ化して発売

独自のマルチタスク処理により、Macintosh(モトローラ68000系)1台で20回線をサポート。配信サーバソフト、監視用ツール、音声編集ソフト、ログ解析ソフト、シリアル拡張ボードをパッケージした、トータルなソリューション製品であった。

InfoFAXは、Mac OSのネットワーク機能(Apple Remote Access)を利用し、遠隔地のサーバ管理も可能であった。アップルコンピュータや大和証券の受託事業においては、このネットワーク機能によってサービスの全国展開を実現した

1995〜1997年

アップルコンピュータにおいて、電子出版タイトルの制作

「漢字Talk 7.5 Q&A」「ステップアップパフォーマ」など9作品をリリース

1993年

アップルコンピュータのファクス情報サービス「FAXAID」を開始

Macintosh(モトローラ68000系)を使ってシステムを構築