FMPress Publisher 3.1の新機能:「関連レコードへ移動」スクリプトステップのサポート

Publisher 3.1では新たに「関連レコードへ移動」スクリプトステップをサポートしました。このスクリプトステップを利用すると「レイアウトを移動後に別テーブルのレコードを検索して表示する」といった動作を簡単に実現することができます。

例えば「クラス」のテーブルとクラスに属する「生徒」のテーブルがあったとします。「クラス」テーブルのレコードを表示しているレイアウトからそのクラスに所属する生徒のレコード(関連レコード)のみを絞り込んで「生徒」テーブルのレイアウトに表示する、といった動作を行うことが可能です。

「関連レコードへ移動」スクリプトステップの概要

「関連レコードへ移動」スクリプトステップの概要

また、表示する関連レコードはソート(並べ替え)を実行して表示することも可能です。FileMaker Proのリレーションシップグラフで設定したソートの設定をWebアプリに反映することができます。

なお、結果オプションの「新規ウインドウに表示」、「関連レコードのみを表示」の「現在の対象レコード内のすべてのレコードを照合」には対応していません。また、ポータル行に対して使用することはできません。

「関連レコードへ移動」スクリプトステップは、ライブデモサイトにあるスマートフォン向けのデモ「生徒リスト」でお試しになれます。Publisherで生成したWebアプリの動作は軽快です。ぜひお試しください。

FMPress Publisherで自動生成したWebアプリをお試しください

Publisherのライブデモを試す