FileMaker Goで画面の拡大縮小をできないようにする

FileMaker Goでダブルタップやピンチアウト、ピンチインによる画面の拡大縮小をできないようにするには、[ズームの設定]スクリプトステップの[ロック]オプションを利用します。 [ズームの設定]スクリプトステップの[ロック]オプション [ズームの設定]スクリプトステップの[ロック]にチェックをつけて、そのステップを含むスクリプトを実行することで、表示倍率を変更できないようにすることができます。 Get ( ウインドウのズームレベル ) 関数とFileMaker Go FileMaker Proではズームで設定できる縮小率や拡大率は決まった倍率のもの(25%、50%、75%、100%、150%、200%、300%、400%)しか設定できませんでした。 FileMaker GoでGet ( ウインドウのズームレベル ) 関数を使ってみると78や255といった値が戻ってくることがありますが、FileMaker Goではピンチアウトやピンチインにより細かく拡大率/縮小率を設定することができ、iOSらしいインターフェースで自由に拡大縮小が可能です。