FileMaker Go 12 マルチタスクと認証

マルチタスク

FileMaker Go 12では、ほかのアプリからデータベースの操作に戻ったとき、FileMaker Go は切り替え前と同じ画面を表示します。アプリケーションの切り替えがスムーズになっただけでなくスクリプトの実行状態等も維持するそうです。

認証

データベースにセキュリティの管理画面でアカウントとパスワードを設定している場合で、デバイスがスリープ状態やFileMaker Goがバックグラウンド動作から復帰したとき、再度認証を要求されることがあります。

再認証が要求されるまでの時間は、FileMaker Proで「セキュリティの管理」画面を開き「拡張アクセス権」タブに移動し、拡張アクセス権[fmreauthenticate]で指定します。下図の例ではキーワードに[fmreauthenticate10]が指定されており、再認証が要求されるまでの時間は10分間となります。

再認証が要求されるまでの時間を変更する場合は、FileMaker Proで拡張アクセス権の設定を行います

再認証が要求されるまでの時間を変更する場合は、FileMaker Proで拡張アクセス権の設定を行います

再認証が要求されるまでの時間を0にする場合は、拡張アクセス権に[fmreauthenticate0]を指定します。また、この時間は最長で10080分間(1週間)まで指定することが可能です。